新築の家を購入する場合、普通は今借りている家やマンションがあるので、家が建つまではそこに滞在していれば良いので、とてもシンプルかと思います。

建築中の仮住まい体験談
建築中の仮住まい体験談

新築の家を購入する場合

■31歳 女性

新築の家を購入する場合、普通は今借りている家やマンションがあるので、家が建つまではそこに滞在していれば良いので、とてもシンプルかと思います。
ただ、問題は今住んでいる家を建て直す場合です。
私の知人などは、かなり裕福な人が多く、その分、家も大きいということで、建て替えの時はかなり大変でした。
家が大きいということは、当然ですが家具などの持ち物も大きく、量もたくさんあります。
200〜300平米ぐらいの一戸建てを建て替えるとなった場合、なかなか全ての荷物が入りきる仮住まい用の賃貸物件はありません。しかも、通常の賃貸となると敷金・礼金・仲介手数料も必要なので、200〜300平米クラスなら、軽く数百万円になってしまうことも。だから、半年ぐらいの建て替え期間の間に賃貸に住むというのは、実は面倒だしお金もそれなりに必要です。

そんな理由で、結局知人たちは家具類を全部倉庫に預けてしまって、家具付きのサービスアパートに入る人ばかりでした。
そうすると、便利なロケーションで、コンシェルジュ付きの快適な生活が送れるし、家具は元から物件についているので、家具の心配もないです。

直接各サービスアパートと契約などについて話せば、仲介手数料なども無いので、倉庫の費用を考えてもお得です。

Copyright 2017 建築中の仮住まい体験談 All Rights Reserved.