妻の実家で暮らすようになって数年が経ち、家が古くなってあちこち傷んできたことと、二人目の子供が生まれたこともあって、新築の家が欲しくなりました。

建築中の仮住まい体験談
建築中の仮住まい体験談

妻の実家で暮らすようになって数年が経ち

■38歳 男性

妻の実家で暮らすようになって数年が経ち、家が古くなってあちこち傷んできたことと、二人目の子供が生まれたこともあって、新築の家が欲しくなりました。
新たに土地を探して家を建てるか、今の家を壊して建て替えるか、随分悩んだのですが、住み慣れた場所での生活を優先させたかったため、今の家を壊して建て替えることにしました。

これで問題になったのが、建設中の仮住まいです。
妻の実家は広く、そして荷物の量があまりにも多いため、とてもではありませんが、全部仮住まいに収めることは出来そうもありません。そこで近くの親戚を頼り、荷物を預かってもらうことにしました。
また、家族六人ということで、近くに一軒家を探してみたのですが、そういう物件はなかなかあるものではありません。そこで仕方ないので、二手に分かれてアパートに住むことにしました。

このアパートは、建設業者が確保してくれたもので、年数もそんなに経ってなく、まずまず快適な生活を営むことが出来ました。
しかも二手に分かれたといっても、同じアパートでしたので、夕食などは一緒に取ることが出来ましたし、何かと便利でした。

ただ家賃が結構かかかったのは、痛かったです。
それでも今まで住んだ場所に家を建てられましたから、良しとしなければいけないのでしょう。

おすすめ記事

Copyright 2017 建築中の仮住まい体験談 All Rights Reserved.