我が家を建築した時、仮住まいとして戸建ての借家に住んでいました。

建築中の仮住まい体験談
建築中の仮住まい体験談

我が家を建築した時、仮住まいとして戸建ての借家に住んでいました

■38歳 女性

我が家を建築した時、仮住まいとして戸建ての借家に住んでいました。

家を建てることが決まった時に、夫の実家の家を壊して、二世帯住宅を建てることになったので、取り壊し前から家ができるまで、約1年半の間、古い借家に夫の両親と私達家族(夫婦+子供)で暮らしていました。
その借家は、4DKで各部屋が7〜9畳と生活空間にゆとりがあって良かったのですが、その一方で、水回りが使いにくかったり、お風呂が狭いのに冷めやすかったりして困りました。

中でも一番ストレスだったのは台所で、子供のお腹が空いたのに合わせて食事にしていたのですが、両親と食事の時間がぶつかると、気を使いながら料理したり片付けたりせねばならず、イライラしていました。
また、両親が子供に、自分が食べていたものを分け与えるので、虫歯菌が移るかもしれないと、心配になったりもしていました。

そこで、家を建てる時には、この借家での生活を参考に、部屋の大きさや間取りを決めました。
ストレスの元だったキッチンも、分けて2つ作りました。
お陰でとても快適な家になりました。

家を建てる時には、建てたい家に近い物件に住んでみると、家作りの参考になると思います。

Copyright 2017 建築中の仮住まい体験談 All Rights Reserved.